ケトコナゾール成分を含む商品

ケトコナゾールは、真菌の増殖を抑制したり、真菌を殺菌する作用のある医薬品や医薬部外品などに含まれている有効成分のことです。
カビのなかまのことを真菌とよんでいますが、なかでも代表的な水虫などは白癬菌とよばれる真菌が足の指や爪などに寄生して起こった病気で、多湿な環境を好むために、放っておくとどんどん増殖してしまいます。
ほかにもカンジダという真菌が引き起こしたカンジダ症では、炎症やかゆみなどがみられ、特に体力低下の際にかかりやすいとされています。
さらに、皮脂が多い頭皮などにできて髪の毛が抜けたりする脂漏性皮膚炎も、酵母のような真菌が引き起こしたものとされています。
こうした真菌による病気に対して、ケトコナゾールは、真菌の細胞膜の合成に関与する酵素のはたらを妨害することによって治療効果を発現させます。
ケトコナゾール成分を含む商品のタイプはさまざまで、一般的な治療薬であれば、皮膚に直接塗る塗り薬タイプやローションタイプのものがよく知られています。
また、こうした外用薬とともに、内服して体の内側からケトコナゾールの成分をいきわたらせる、錠剤タイプのものもありますが、外用薬と違って、皮膚のかぶれなどでは済まない重大な副作用のおそれもあるため、使い方には注意が必要です。
その他、頭皮関連では、ケトコナゾールの成分を吹き付けるスプレータイプのもの、直接塗布する液状タイプのものがあるほか、ケトコナゾール入りのシャンプーなどといった特別なものもあります。
このように、同じケトコナゾールを有効成分としている商品でも、使い方または患部の場所の違いによって、様々な種類があることから、目的にあわせて適切なものを選ぶようにします。

ケトコナゾール成分の働き

ケトコナゾールは、「抗真菌薬」とよばれる医薬品のカテゴリーに含まれる成分であり、真菌が原因となって起きる皮膚病の治療目的でかなり幅広く使用されているものです。
真菌というのは、いいかえればカビのことであり、日常生活上どこにでもいる存在ではありますが、体力が低下したとき、または高温多湿の状態になったときに人体に寄生して増殖し、皮膚の病気の原因にもなります。
このケトコナゾールは、一般的には水虫やたむしとして知られる白癬症、皮膚カンジダ症、脂漏性皮膚炎などの治療薬とされていて、どの病気に対してもすぐれた効果があります。
白癬菌のような真菌は、DNAなどが含まれた細胞の中味を覆って保護する細胞膜とよばれる組織をその外側にもっています。ケトコナゾールの成分は、白癬菌が細胞膜の材料としている物質が合成されるのを阻害する働きをしますので、白癬菌は細胞膜がつくれず、増殖できなくなってしまうのです。
また、人間の細胞も白癬菌と同様にこの細胞膜をもっていますが、細胞膜をつくっている材質には違いがありますので、ケトコナゾールを投与した場合であっても、人体そのものには有害にならず、白癬菌だけをターゲットにして治療効果を発揮することができ、副作用も比較的少ないのです。
ただし、アレルギーをもっていたり、ふだんから皮膚が敏感だという人は、このケトコナゾールを投与することで、かえって皮膚のただれ、赤み、発疹、刺激感などの副作用が起きてしまう場合もあります。
このような場合については、医師や薬剤師に相談をして、適切に使用できるかどうかを確認してからのほうがよいでしょう。もしケトコナゾールの使用中に副作用があらわれてしまった場合についても同様です。