ケトコナゾール成分の特徴

ケトコナゾールはイミダゾール系抗真菌剤で、真菌といわれるカビの一種の菌を抑える働きをする薬です。
医師の処方のもとにニゾラールという製品名で古くから使われておりクリームタイプとローションタイプがあります。
水虫といわれる白癬感染症や皮膚カンジダ症、癜風に使われたりマラセチアという真菌が原因の脂漏性皮膚炎にも用いられています。
白癬感染症・皮膚カンジダ症・癜風には1日1回の使用をし、脂漏性皮膚炎には1日2回の使用をする事が多いです。
高い抗真菌活性があり角質親和性が高いため皮膚貯留率が高いのが特徴です。

ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因とされる男性ホルモンを抑制する働きがあると言われています。
脂漏性皮膚炎は脂漏性脱毛症の原因となり、AGAと合併して起こるケースが多いため、脂漏性脱毛症・AGAの両方に効果を発揮するため、抜け毛予防として育毛シャンプーとしての商品も出始めています。
ただし日本では未認可であるため、国内では市販されていません。
男性ホルモンを抑制する働きがあって内服も存在しますが効果が強すぎて必要以上に男性ホルモンを抑制してしまい、肉体の女性化などの副作用が起きる可能性があります。

通常、ケトコナゾールは塗るタイプやシャンプーのように外用がほとんどのため副作用は少ないですが、まれに刺激感や発赤・かゆみ・かぶれが現れる場合があります。
そのような場合には使用を中止して医師・薬剤師に相談することが必要です。
また妊婦・授乳婦には使用する事が出来ません。

またケトコナゾールは糖質コルチコイドの生合成を抑制する働きがあるため抗うつ薬で利用できないかという研究が進められていますが、現時点ではまだはっきりとした効果としては確認できていません。